トイレのつまりには薬剤が有効

トレンド

トイレは定期的なメンテナンスをしておいたほうが良い

トイレのつまりを未然防止するなら定期的に排水管の…

READ MORE

トイレを傷つけずに作業をおこなってくれる

トイレのつまりが起きたときの一般的な対処法 日…

READ MORE

尿石によるつまりは専門業者に任せよう

トイレのつまり解消!業者を呼ぶ前に実行できること…

READ MORE

トイレのつまりには薬剤が有効

トイレのつまりの対処方法と困った場合の専門業者の…

READ MORE

トイレのつまりの対処方法と困った場合の専門業者の探し方

トイレの水が流れなくなるというトラブルが、意外と多くあるようです。ペーパーの流し過ぎが原因で起こることや、何かが詰まって起こることなどその原因は様々です。トイレの水が流れないと言うことは、即ちトイレが使えないことになります。一般的な家庭ではトイレが一カ所だけですので、急を要する事態なのです。
そのようなトイレのつまりが発生したら、まずは自己対処法としてラバーカップを使ってみる方法があります。ホームセンターなどに売っていますから、1本準備しておくともしもの時に役立ちます。これで何度か対処してみて、それでも解決できない場合は、すぐにトイレのつまりに救急対応してくれる専門業者に頼みましょう。そのような業者の探し方は、インターネットですぐに見つかります。「トイレのつまり」と、お住まいの地域名のキーワードで検索してみましょう。
そのような業者には、全国展開しているような大手の業者もあれば、お住まいのエリア専門の同様の業者もあります。どちらでも良いのですが、必ず事前見積りがある業者かどうか確認し、さらにすぐに来てくれる業者を選びましょう。各業者でその費用は違うので、ホームページなどで値段比較して選ぶ方法がおすすめです。

尿石が原因のトイレのつまりにはトイレクリーナーがおすすめ

トイレがつまってしまったとき、ラバーカップを使っても解消できない場合、薬剤を使用するのが有効です。このとき利用するのは酸性トイレクリーナーがおすすめです。特に、尿に含まれるカルシウムとシュウ酸が結合した尿石が原因となっているトイレのつまりには効果的で、配管内にたまっている汚れを分解することができます。また、簡単に流れてしまわないよう、粘度の高いものを選ぶとよいでしょう。
ただし、薬剤を使用するときには他の薬剤と混ぜると組み合わせによっては有毒ガスが発生することがあるので、絶対に混ぜてはいけません。また、使用の際にはドアや窓を開け、換気扇も忘れずにスイッチを入れておきます。準備ができたら、タンクの周辺などに設置されている止水弁を閉め、説明書に従って適量をトイレに注入し、規定された時間待ちましょう。このとき、規定時間以上に放置すると便器を傷めてしまうことがあるので注意が必要です。
規定された放置時間が経過したら、水を流してみて、つまりの状態を確認します。このとき、水の流れ方に注意しましょう。水がほとんど流れないようであれば水があふれ出さないようバケツなどで少しずつ流すようにします。水が流れているようであれば、水洗レバー引いて水を流します。しかしながら薬剤を使った方法は重度のトイレのつまりや固形物のつまりには効果がありません。状況が改善しなければ専門業者に相談するようにしましょう。

Copyright(C)2018 トイレのつまりが起きたら24時間対応してくれるネットの業者に依頼 All Rights Reserved.