トイレは定期的なメンテナンスをしておいたほうが良い

トレンド

トイレは定期的なメンテナンスをしておいたほうが良い

トイレのつまりを未然防止するなら定期的に排水管の…

READ MORE

トイレを傷つけずに作業をおこなってくれる

トイレのつまりが起きたときの一般的な対処法 日…

READ MORE

尿石によるつまりは専門業者に任せよう

トイレのつまり解消!業者を呼ぶ前に実行できること…

READ MORE

トイレのつまりには薬剤が有効

トイレのつまりの対処方法と困った場合の専門業者の…

READ MORE

トイレのつまりを未然防止するなら定期的に排水管のメンテナンス!

住宅の排水管は、人間に例えるなら血管にようなものです。人間の場合、血管内にコレステロールが堆積し、流れが悪くなるだけでなく、つまってしまいます。このような現象は排水管でも発生し、特に排泄物を流すトイレではリスクが高くなります。そのため、人間と同様にトイレのつまりを未然防止するためには定期的なチェックとメンテナンスが必要になります。
使用期間が長い程、トイレの排水管には排泄物が堆積してしまいます。日常的なメンテナンスとしては定期的に薬剤を流す、一定期間で専門業者に依頼し、排水管内のフラッシング清掃を行うなどがおすすめです。完全にトイレのつまりが発生してからの修理費用にくらべ、清掃費用の方が安く済むケースもあります。また、トイレのつまりが発生して焦るといった心配もありません。
特に建築から年数が経ち、排水管内の汚れが心配な住宅に住んでいる方は大掃除の際に依頼してみても悪くはありません。排水管がつまり、他の場所でつまりが発生したり、排水が逆流したり、悪臭が発生するといった問題も解決できる可能性があります。特に排水系統が集約されている住宅の場合は、トイレのつまりを未然防止する効果は意外に大きなものです。

子供の悪戯でトイレがつまった!こんな時は直ぐ専門業者へ!

トイレのつまりは日常的な使用では、頻繁に発生するものではありません。無謀な節水対策で水量を絞ったり、トイレに流してはダメなもの流さない限りは専門業者に頼ることはないはずです。しかし、これはあくまで大人の話であり、子供は何をするか分かりません。
子供の悪戯でトイレのつまりが発生する可能性があり、大量のトイレットペーパーやティッシュペーパーを便器に流したという場合なら、市販されるつまり解消剤や吸引式器具で対処は可能です。ですが、怖いのはトイレに吸水性ポリマーを流された場合です。吸水性ポリマーは紙おむつや保冷材に使われているのは知られていますが、トイレの芳香剤や消臭剤にも使っているケースがあります。吸水性ポリマーは水分が無くなることでビーズ状になり子供がトイレに流してしまう可能性があります。水に触れることで吸収し、膨張するためトイレをつまらせてしまいます。
また、水が増えるほど吸収してしまうため大量の水ではつまりが解消できません。特に排水管にまでつまっていると強力な吸引機を使用するしか方法がないため、芳香剤や消臭剤を悪戯で流された場合は速やかに専門業者に依頼して除去してもらうことがおすすめです。専門業者を呼ぶ前は水を流さず、直接回収できる除隊で現場を補完するのも重要です。

Copyright(C)2018 トイレのつまりが起きたら24時間対応してくれるネットの業者に依頼 All Rights Reserved.